<イベントレポ>「自分への取材手帳」から始める書く習慣講座を受講しました

私だけ、でしょうか?

なかなか習慣化できない…
いつも最後まで使い切れない…

毎年挫折してしまうけど、今年こそは手帳を使いこなせるようになりたい!
ということで、手帳のプロに話を伺ってきました。

4月1日、渋谷BOOK LABO TOKYOにて開催された「手帳術講座」の様子を少しだけお届けします。

Continue Reading

#はあちゅう池田 、手帳術と小さな野心たちの見つけ方&育て方

新しい年度、スタートダッシュを切るためにできることは何だろう?
手帳で人生を変える、なんて大きい目標を掲げなくても、すっごい野心がなくても、毎日の生活を少し面白くすることはできませんか…?

そんな疑問たちを抱えて、年度末の3月28日、池袋天狼院書店にて開催された「#はあちゅう池田」の手帳イベントに行ってきました。

Continue Reading

『「自分」を仕事にする生き方』刊行記念セミナーvol.03レポ #はあちゅうセミナー

はあちゅうさんのイベント最終回でした!

前回のレポはこちら↓

『「自分」を仕事にする生き方』刊行記念セミナーvol.02レポ #はあちゅう小野美由紀

最近、セミナーはガンガンまとめをツイートしながら参加するのが
インプット力が上がると気づき・・・
じゃんじゃんツイートしながらの参加。

自分の人生を見せることが仕事になる時代

たくさん響いた言葉はありますが、
個人的には・・・

◎ユーザーとして楽しめるものを選ぶ。

◎何かの役に立とうとするのではなく、自分が楽しいと思うことに没頭する。

という言葉が、響きました。

 

◎自分の人生を見せることが仕事になる時代。

◎とにかく外に出す。出すと、誰かが接着してくれる。

という言葉にも納得。

 

まとめると・・・
自分が情熱を持って楽しむことで、熱が生まれる。

熱が生まれたら人が集まる。お金も集まる。

ということですね!

はあちゅうさんは、自分の言葉を持っている。

話を聴きながら感じたのは、
はあちゅうさんは、自分の経験をがっつり、
まるっと生かしてステップアップしているということ。

コツは、
経験をきちんと自分の「言葉」にすることだなーと思いました。

経験を
「言葉」として消化する(アウトプットする)。

ありきたりな言葉ではなく、自分の言葉で。

その言葉が出てくるのは、はあちゅうさんが本が大好きで
人生の大半を読書や執筆に使って来たからなんだと思います。

私も、インプットとアウトプットの質を高めていきたいと思いました。

 

あっという間の3回セミナー。
本やブログで読んだり、音声聞いたりするのもいいけれど
やっぱり生のセミナーは受け取る量が違うと思いました。

この経験をフル活用していきたいと思います。

 

TEXT BY せいかつ編集室 大木春菜

大木春菜
編集の力でファンを作る!「せいかつ編集室」代表。
ブランディングストーリーマガジン
せいかつクリエイト運営。

「自分への取材手帳」リレーコラム、火曜日担当。

ブログ:LINEブログ
twitter:@haruna_ooki
facebook:大木春菜
note:せいかつ編集室

Continue Reading

メイン手帳、何を使っていますか? 自分への取材手帳ユーザー座談会(第2回

「自分への取材手帳」は、毎日、気づいたことを記録していくためのセカンド手帳です。
スケジュール管理や、その他の記録はどうやってつけていますか・・・?

3月12日、はあちゅうさんと「自分への取材手帳」ユーザーの皆さんで、第2回ユーザー座談会が開催されました。

Continue Reading

3月28日(水)、「自分への取材手帳」コラボイベントが開催されます

4月を前に、手帳生活をはじめてみませんか?

【3/28(水)19:00〜】
天狼院書店 池袋駅前店にて、「朝活手帳」の池田千恵さん×「自分への取材手帳」はあちゅうさんのスペシャルトークlive開催決定!

Continue Reading

あの人の取材手帳–フリーライター・母、大木春菜さんの場合

自分のデータを振り返って、未来のわたしにつなぐ「自分への取材手帳」。

隣のあの人がどうやって使っているのか知りたくて。書いたものや書き方のこだわりについて、ユーザーの皆さんに聞いてみました。

フリーライター・母、大木春菜さんの場合

Continue Reading