「自分への取材手帳」のこと

”成功する人は、自分のデータを持っている”。

「自分への取材手帳」とは?

作家・ブロガーのはあちゅうさんが提案する、
「自分への取材」のためのセカンド手帳です。

スケジュールを管理する手帳とは別に、
自分が実現したいことやこれまでに実現できたこと
日常で気になっていることを記録していくことで
自分のデータベースを作るツール。

「自分を知り」「振り返る」ことで
知らないうちに叶えていた小さな夢や
自分の興味や思考のクセを、手帳が教えてくれます。

それはきっと、大きな夢への第一歩。

こんな質問があります。

□暮らし・家族のこと
□仕事のこと
□健康のこと
□お金のこと
□ネットで見かけて気になったこと
□会った人・会いたい人
□買ったもの・買いたいもの
□行ったレストラン・行きたいレストラン
□行った場所・行きたい場所
□見た映画・見たい映画/読んだ本・読みたい本
□自由記入欄(例えば、旅行のこと、恋人のこと、ダイエット記録etc…)

自分への取材は、毎日、こつこつ積み重ねていくものです。

少しずつで大丈夫。
シンプルな方が残りやすい。

寝る前の数分間や、1日の中のスキマ時間に。
今の自分について振り返ってみませんか?

”自分にとっての幸せが何かを知っていれば、
他人の考えにおどらされずに、
自分の頭で考えて、
自分で行動することができる。”

書くことが人生を助けてくれる、そんな手帳です。

 

▼作家・ブロガーはあちゅうさんが語る「自分へ取材することの効果」は、こちらの記事からどうぞ。

第1回 自分への取材が人生を変える

第2回 その日の終わりに「復習」の時間を持つ

第3回 やりたいことを貯めておく

第4回 無意識に夢をかなえる習慣をつくる